【考察!】YouTubeという市場に本当に未来はあるのか?

【考察!】YouTubeという市場に本当に未来はあるのか?

マネコンの提唱するYouTube最新テクを用いたビジネス。

しかしこれってYouTubeという今や世界最大規模のビジネス市場があるから成り立っている事ですよね?

ではそのYouTubeが衰退したら元も子もない。

そう危惧するのは当然かと思います。

そこで、YouTubeの未来について、しっかりと考察していきたいと思います。

マネコン公式HP

「YouTubeの売上が2020年までに2兆円になる」

あるサイトでの調べによると

”米国報道では、モルガンスタンレー証券の調査によると、YouTubeの年間の売上が2020年までに2兆円に達する可能性がある、という見方があるようです。“

との事。

2006年にYouTubeをGoogleが買収した際のYouTubeの売り上げは1500万ドルしかなかったとの事。

しかし、ある時期のYouTubeの売り上げで40億ドル(約4800億円)。

もはやすでにモンスター市場と言えると思いますが、そのYouTubeの売り上げが、2020年にはついに2兆円になるというのですから、もう驚きしかありませんね。

ちなみに、Google社の全体の売り上げが3兆円との事。

つまり、Google社全体の売り上げの半分以上をこれからはYouTube市場が牽引していくという事になります。

広告収入を加速させるカード機能をローンチ

YouTubeを運営しているGoogle社は最近、新たにカードという広告商品をローンチ(※)したとの事。

このカード機能というものは、YouTubeの動画の中に「商品の宣伝」だとか「販促ページへの誘導」という事を目的としたカードを表示させる機能のあるサービスとの事。

これは今まで以上にYouTube自体が収益を伸ばしていくという事です。そうなってしまうと、もう他の動画サービスなんて絶対に追いつけない状況に陥りますね。

なんだかYouTubeの独壇場という事になりそうですが、そこはその恩恵を頂いている身としては安心の一言に尽きますね。

つまり、今後ますます、YouTubeという市場が拡大していき、結論としては【衰退する未来は無い】と胸を張って言える市場だと思います。今自分がその強大なYouTubeを利用している事はなんだかうれしくもありますね。

そのYouTubeに対して最新鋭のテクニックとノウハウ用いる事で、確かな収入を産み出せるんですから、マネコンの副業ビジネス、それ自体もこれからますます発展していくに違いありません。

※ローンチ…新しい商品やサービスを世に送り出す事。

マネコン公式HP TOPページを見る